Pink Ribbon ピンクリボン

ボンマックスは
「社会貢献へのチャレンジ」をテーマにピンクリボンの支援活動を行っています。

忙しいからこそ気をつけたい 11人に1人が乳がんに!早期発見・早期治療が重要!

日本人女性が最もかかりやすいがんと言われている乳がん。日本では乳がんが増加しており、2016年には9万人の日本人女性が乳がんにかかると予測されました。乳がんで亡くなる女性は2013年には1万3000人を超え、35年前と比べて3倍以上にもなっています。厚生労働省が発表した「人口動態統計」では、2016年の乳がんによる死亡数は14,013人[概数(女性)]と残念ながら増加し続けています。女性の30歳から64歳では、乳がんが死亡原因のトップとなっています。しかし、早期発見であれば高い確率で治癒する可能性もあるので、決して怖い病気ではありません。だからこそ、セルフチェックや検診が重要なのです。
参考:国立がん研究センター「がん情報サービス」がん統計より
参考:厚生労働省人口動態統計[概数]より(2017年6月2日発表)

グラフ1

マンモグラフィ検診とは、早期の乳がんも発見できる乳房のX線撮影です。セルフチェックで見落としてしまうような早期の乳がんも発見してくれます。欧米などでは、検診受診率の向上により早期発見が増え、治療の進展とも重なって死亡率が年々減っています。その一方で、日本では国が定期的な検診受診を推奨しているものの、乳がん検診受診率はOECD(経済協力開発機構)加盟国30か国の中で最低レベルに位置し、年々死亡率は増加傾向にあります。
参考:国立がん研究センターがん対策情報センター「がん情報サービス」がんの統計'13より

グラフ2