Pink Ribbon ピンクリボン

BONMAXでは『社会貢献へのチャレンジ』をテーマにピンクリボンの支援活動を行っています。

忙しいからこそ気をつけたい 12人に1人が乳がんに!早期発見・早期治療が重要!

日本人女性が最もかかりやすいがんと言われている乳がん。年々患者数が増加しています。特にここ30年の急激な増加の要因は、現代女性の食生活やライフスタイルの変化が影響していると言われています。乳がんは誰にでもかかる可能性のある病気です。とくに働き盛りの30代から急増し、発症のピークは40代です。しかし、早期発見であれば高い確率で治癒する可能性もあるので、決して怖い病気ではありません。だからこそ、セルフチェックや検診が重要なのです。

マンモグラフィ検診とは、早期の乳がんも発見できる乳房のX線撮影です。セルフチェックで見落としてしまうような早期の乳がんも発見してくれます。アメリカやヨーロッパでは最も一般的な方法で、安全性も確立されています。定期的に検診を受け、自分の体を自分で守りましょう。

※平成17年度には、マンモグラフィ検診の受診者数が視触診検診数を追い越し、社会的にマンモグラフィの認知度や乳がんの早期発見に対する意識が高まっているのがわかります。